ニセネッタイスズメダイ

この土日は全国一斉のセンター試験。
現在の高校3年生が最後のゆとり世代ということもあり、受験生の緊張感はピークに達しているとか。沖縄ではヒカンザクラがチラホラと咲き始めましたが、受験生の皆さんにもたくさんの桜が咲くと良いですね ^^
ニセネッタイスズメダイ
写真は『ニセネッタイスズメダイ』。
水深-1m~-40mのサンゴ礁域にある枝状サンゴや岩礁域に生息するスズメダイの仲間です。

近似するネッタイスズメダイと比べると、全体が少し青みがかっていることや、体色の黄色がくすんでいること、胸鰭基底上端の黒色斑は鰓蓋上部の黒色斑より大きいことなどで区別可能。
また、眼下骨下縁の鋸歯は強い。

ニセネッタイスズメダイの幼魚というか若魚あたりのステージ。
背鰭に眼状斑があることで近似するネッタイスズメダイの幼魚と簡単に区別が出来る。
ニセネッタイスズメダイ幼魚

こちらもニセネッタイスズメダイの幼魚
ニセネッタイスズメダイ幼魚

ニセネッタイスズメダイは、屋久島、トカラ列島、琉球列島;台湾南部、東沙群島、南沙群島、東インド-太平洋(アンダマン海~ニューカレドニア)での観察記録がある。

和名 : ニセネッタイスズメダイ(スズキ目スズメダイ科ソラスズメダイ属)
学名 : Pomacentrus amboinensis
撮影日 : 2013年11月24日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)