ハクテンカタギ

ハクテンカタギ

ハクテンカタギ

久しぶりに良い海況で連休を迎えることになりそうです。
風速も弱くなるし南風も久しぶり。

写真は、「ハクテンカタギ」。
ハクテンカタギについては、岩礁域やサンゴ礁域の浅所に生息するチョウチョウウオの仲間で、沖縄本島のダイビングですと波の荒いサンゴが密生している場所に限って見かけます。

ハクテンカタギの外観は、体が全体的に暗色で各鱗に淡色斑があること。腹鰭が一様に暗色であること。尾柄部に暗色斑があること。背鰭軟条は伸長しないこと。側線は背鰭基底後端付近に達することなどが挙げられる。

ハクテンカタギ
ハクテンカタギ

こちらはチョウチョウウオ科のハイブリッドとペアリング遊泳している様子。
ハクテンカタギは交雑しやすいと言われているので、そう言われれば思い当たるフシはあるな…といった感じではありますが。
だから他のチョウチョウウオに比べて個体数も少ないのかも知れませんね。
ハクテンカタギとチョウチョウウオ科のハイブリッド
ハクテンカタギとチョウチョウウオ科のハイブリッドの混泳の様子

ハクテンカタギは、八丈島(幼魚)、小笠原諸島、火山列島、高知県柏島、屋久島、琉球列島、南大東島;台湾;西-中央太平洋(インドネシア西部を除く)での観察記録がある。

和名 : ハクテンカタギ(スズキ目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属)
学名 : Chaetodon reticulatus
撮影日 : 2010年4月18日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)