イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビ

スポンサーリンク

「イソギンチャクモエビ」沖縄本島のダイビングで撮影したイソギンチャクモエビの水中写真

イソギンチャクモエビについて

イソギンチャクモエビ
イソギンチャクモエビ

これらの水中写真は、「イソギンチャクモエビ」という小型のエビの仲間です。
分類的には、十脚目モエビ科に分類されています。

イソギンチャクモエビは、鮮やかな体色や共生の習性から、ダイバーによる水中観察や、水中撮影の対象として人気があります。いつ見ても、シャチホコ状態になっていますが、腰をフリフリするように見える動きがマスコット的で、ダイバーだけでなく、アクアリストにも人気があるんです。

イソギンチャクモエビは、どこで見られるの?

イソギンチャクモエビ
イソギンチャクモエビ

沖縄の海でスキューバ・ダイビング中に見かけるのは、こんな感じの場所です。
赤い矢印が指している場所以外にも、まだ数匹見えますか?
ダイビングを始めたばかりの初心者でも、簡単に見つけることができますので、是非探してみてくださいね。

イソギンチャクモエビの和名や学名は?

イソギンチャクモエビの正式な和名や学名は、以下のとおりです。
和名 : イソギンチャクモエビ
学名 : Thor amboinensis
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

繁殖・飼育イソギンチャクモエビの生体販売について

イソギンチャクモエビの繁殖について

自宅の水槽で、イソギンチャクモエビを飼育したり、繁殖させたいアクアリストも多いかと思います。
水槽の中で、シャチホコ状態になりながら、腰をフリフリさせるマスコット感のある様子は癒されること間違いなしですが、海中で見る限りで、ベラやゴンべなどは甲殻類を餌にしてしまうため混泳させることはできないので、注意点として加筆しておきます。

イソギンチャクモエビを飼育するにあたり、イソギンチャクは必須アイテムではありませんが、イソギンチャクとカクレクマノミを同時に飼育するのはOKです。
沖縄の海の中でも、イソギンチャクの中や上にクマノミ、イソギンチャクの裏側や下側に、イソギンチャクモエビという構図が自然の生態となっているので、棲み分けができているようです。

\ 繁殖・飼育イソギンチャクモエビの生体販売 /

イソギンチャクモエビと、カクレクマノミの混泳について

イソギンチャクモエビとカクレクマノミは相性が良いです。
ともにイソギンチャクがなくても、水槽で飼育することができますが、できれば自然に近い環境を作ってあげたほうがベターでしょう。
カクレクマノミの生態については、下記よりご覧ください。


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)

ダイビングクラブ アクアギフト