オニヒトデ

新型コロナも去ることながら、全国の気温も危ないですね。
マスクをしていると余計に暑いと思いますが、冷たいマスクなどで少しでも暑さをしのげると良いですね。
沖縄県では無症状接触者の検査を行わなくなりましたが、それでも70人という新規陽性者が今日も出ていますので、まだまだ注意が必要ですね。
 

オニヒトデ
オニヒトデ

オニヒトデについて

今日の水中写真は「オニヒトデ」です。
体長は直径で50cm程度。

太陽が出ている時間帯のダイビングと異なり、ナイトダイビングでは岩陰やサンゴの裏側に隠れていた生物を観察することができるのですが、この水中写真もその一つの事例となります。
 

オニヒトデ 沖縄本島のダイビングで撮影した「オニヒトデ」の水中写真
オニヒトデ 沖縄本島のダイビングで撮影した「オニヒトデ」の水中写真

サンゴの天敵 オニヒトデ

「サンゴの天敵・オニヒトデ」というフレーズを聞いたことがある方も多いと思いますが、その通りでオニヒトデはサンゴを食べて生きています。
しかも、サンゴを食べる時はガリガリとかじるのではなく、口から胃を体外へ出してサンゴに押し付けるように被せて直接消化をしてしまうという一風変わった摂食方法なのです。
ある意味、効率が良いですよね。
 

オニヒトデの大発生

サンゴ礁学会を拝聴した際に、オニヒトデの発生要因として「歴史的に繰り返されている説」「オニヒトデの天敵ホラガイを人間が採りすぎた説」「土砂の流出によりオニヒトデに有利な栄養分が流れ出た説」など幾つかの説があったように記憶しています。
 

オニヒトデ
オニヒトデ

オニヒトデの毒性

オニヒトデの体表に見えるのは毒を持った棘です。
専門的な毒の成分はググってもらえれば出てくると思うので割愛しますが、この棘に刺された経験者によると激しい痛みを伴うそうです。
アナフィラキシーショックという言葉がありますが、その時の体格や体調によっては重体に陥ったり命を落とすこともあるほど強い毒です。
ガイドさんによっては、オニヒトデの駆除活動の際に誤って刺さってしまうという事もあるようです。

何れにしても、ナイトダイビングでは不用意に着底したり手を触れないことで身を守らないといけませんね。
 

オニヒトデ 沖縄本島のダイビングで撮影した「オニヒトデ」の水中写真
オニヒトデ 沖縄本島のダイビングで撮影した「オニヒトデ」の水中写真

オニヒトデの和名・学名

和名 : オニヒトデ (ヒトデ網 / アカヒトデ目 / オニヒトデ科 / オニヒトデ属 )
学名 : Acanthaster planci
 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に掲載。
沖縄料理、沖縄移住、子育てについても

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)