クチバイロウミウシ

ここ2週間ほどは、沖縄本島の中でも郊外に該当するような場所を中心に動いていましたが、多くの方が同じ行動をしているように感じたので、昨日は逆に街中へと活動場所を変更してみたところ大正解でした。
普段は当日のテーブル確保が難しいLuxury系ホテルのレストランが、思惑通り容易に予約を取ることができました。予定では恩納村のホテルへ行こうとしていましたが変更して正解です。
仔羊のトマト煮込みや、ブイヤベースにタルトにスムージーと美味しい料理を堪能してきました😋
場所を選べばお酒を飲んで大声で話す人も居ませんし、感染対策をしっかりと行っている場所は安心して過ごせます。
我が家のマンションはなぜか医療従事者が多いのですが、3日から4日にかけてBBQ帰り、マリンレジャー帰り、ゴルフ帰りと色々な住人が楽しそうに帰宅してくる様子を目にして、賢く遊ぶ(=with Covid19)ことで簡単には感染しない方のほうが多いという側面をもっと報じて欲しいとメディアに希望します。

保存版 感動の絶景!沖縄のオーシャンビューホテル30選


スポンサーリンク

クチバイロウミウシ

クチバイロウミウシの水中写真

クチバイロウミウシ
クチバイロウミウシ

今日の水中写真は、「クチバイロウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイントで知られる「真栄田岬(沖縄県中頭郡恩納村真栄田)」でダイビング中に撮影したものです。”シノビイロウミウシ属の一種 ( Thorunna sp. )”と似ていますが、外套膜周縁を囲む橙色帯が前方両端で途切れ、紫色になることで見分けることができます。

クチバイロウミウシの外観特徴について

クチバイロウミウシの外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は薄紫色
・背面周縁を橙色の太い帯で囲われるが、頭部両側付近で途切れて最前部は再び橙色の帯となる
・頭部付近で橙色の帯が途切れた箇所は紫色
・触角は鰓葉が赤色になる
・二次鰓も触角と同様に鰓葉部分が赤色になる

クチバイロウミウシ
クチバイロウミウシ

クチバイロウミウシの生息環境について

クチバイロウミウシは、潮通しの良いサンゴ礁域で稀に見られるウミウシだと思われます。

クチバイロウミウシの生息分布について

クチバイロウミウシの生息分布域は、西太平洋熱帯域。

クチバイロウミウシの和名・学名について

クチバイロウミウシの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : クチバイロウミウシ
学名 : horunna purpuropedis

水中写真ギャラリー

クチバイロウミウシの水中写真ギャラリー

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)