当サイトの無断転載を禁じます。メディア等にご利用希望の場合は、フォームよりご連絡ください。

クロスジリュウグウウミウシ

スポンサーリンク

クロスジリュウグウウミウシ

首都圏の緊急事態宣言が解除になりましたね。名ばかりの愚策でしたが、支援金に味をしめた個人事業主も多かったようで、我が家の近所でも、私有地の中にすごく小さな弁当のテイクアウト店が突然でき、すぐに休業表示になっていたので、そういうことだったんだろうなと邪推しています。
そういうお店に配るよりも、宣言が出ている地域からの客を断っている真面目なダイビングショップや観光業者に対して、支給するべきではないかと思ってしまいます。

そういえば、3月はもずく収穫の季節です。
沖縄県内のスーパーでも、採れたて新モノの太もずくが売られ始めました。塩漬けされていないモズクは、この季節限定のレアな存在なんです。ネットでも売っていますね。こだわり本舗 源蔵さんは、テレビで紹介されて一躍有名になったようです。

沖縄産 太もずく3kg 塩抜き不要 この季節限定のフトモズク

「クロスジリュウグウウミウシ」について

クロスジリュウグウウミウシ
クロスジリュウグウウミウシ

今日の水中写真は、「クロスジリュウグウウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「砂辺No.1(沖縄県中頭郡北谷町宮城)」でダイビング中に水中撮影をしたものです。
クロスジリュウグウウミウシの水中写真は、他にもあったはずなのですが、なにせ砂辺に潜った回数は4ケタを超えるので、写真フォルダも比例して多いのです。
昨日の セグロリュウグウウミウシ も写真が見つかったので、4枚ほど追加してアップデートしています。
興味のある方はどうぞ。

クロスジリュウグウウミウシとセグロリュウグウウミウシの違い

クロスジリュウグウウミウシとセグロリュウグウウミウシを比較してみると、その違いが分かりやすいですね。

「クロスジリュウグウウミウシの外観特徴」について

クロスジリュウグウウミウシ
クロスジリュウグウウミウシ

クロスジリュウグウウミウシの外観特徴は、以下の通りです。
・触角は赤褐色で、先端は白くならない
・鰓の基部は体地色と同じ
その他は不明点が残っているので、判明次第アップデートしていきます。

「クロスジリュウグウウミウシの生息環境」について

本項の クロスジリュウグウウミウシ を水中で撮影したロケーションは、砂辺No.1と呼ばれるダイビングポイントです。
水深5~7mほどの講習場を右の壁沿いに沖へ進んで、徐々に水深が落ちていくあたりの壁面で出会いました。
水深は9mほどだったと思います。
図鑑風に表現するならば、潮通しの良いサンゴ礁域・岩礁域の浅所。といったところでしょうか。

「クロスジリュウグウウミウシの和名・学名」について

クロスジリュウグウウミウシの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : クロスジリュウグウウミウシ
学名 : Nembrotha sp.

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)

すべてにおいて最高ランク ハレクラニ沖縄 ハワイに行けない今がオススメ