当サイトの無断転載を禁じます。メディア等にご利用希望の場合は、フォームよりご連絡ください。

セトイロウミウシ

スポンサーリンク

セトイロウミウシ

セトイロウミウシ
セトイロウミウシ

本日の水中写真は、「 セトイロウミウシ 」。
沖縄本島のダイビング・ポイントのひとつ砂辺海岸(沖縄県北谷町)が干潮で潮が引いたあとにできる潮だまり(タイドプール)で水中撮影をしたウミウシです。

沖縄そば×2人前 500円ポッキリ メール便全国送料無料 楽天ポイント消化にピッタリ

「セトイロウミウシ の外観・特徴」について

セトイロウミウシ
・体地色は半透明の白色
・背面周縁は橙色で、外套膜が白く見える
・外套膜の内側には、輪郭のぼやけた紫色の斑点が並ぶ
・背面には触角から鰓を囲むように白色線があり、その線の内側は淡黄色
・背面正中には、鰓直前で分岐する白線があるが、この白線が乱れる個体もある
・触角と鰓は半透明の白色

沖縄本島のダイビングで撮影した セトイロウミウシ の水中写真ギャラリー

セトイロウミウシ と指を比較してみた

セトイロウミウシ
セトイロウミウシ

セトイロウミウシ は、小さくない部類のウミウシですが、それでもこれぐらいのサイズ。
老眼対応ダイビングマスクが必須アイテムに近づいてきた。

「セトイロウミウシ の生息環境」について

セトイロウミウシは、冬季から初夏にかけてガレ場などでやや普通に見られるとされています。
出典:「沖縄のウミウシ

「セトイロウミウシ の生息分布」について

セトイロウミウシは、インド・西太平洋熱帯域・温帯域まで分布している。
出典:「沖縄のウミウシ

「セトイロウミウシ の和名および学名」について

セトイロウミウシ の和名および学名は、以下の通りです。
和名 : セトイロウミウシ
学名 : Goniobranchus setoensis  Chromodoris decora

セトイロウミウシと同属のウミウシ

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)

500円ポッキリ メール便送料無料 沖縄そば2人前