トゲトゲウミウシ

沖縄県の新規感染者数が徐々に高くなってきました。
大勢で飲み食いをするリスクが明らかな中で、会食をしてしまうとどうしても広がってしまいますね。
そんな中でも、今年の新一年生は予定通りに入学式を執り行うことができたようです。ついこの前まで一年生だった長女もあっという間に漢字を綺麗に書き、翌日の準備もしっかり行い、目を見張る成長に目を細める毎日😌

スポンサーリンク

トゲトゲウミウシ

「トゲトゲウミウシ」について

トゲトゲウミウシ
トゲトゲウミウシ

今日の水中写真は、「トゲトゲウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイントの一つ「砂辺No.1(沖縄県中頭郡北谷町宮城)」にて水中撮影したものです。
サーシャコヤナギウミウシやヤノルス・ザヴィンキンイとよく似ているので、海中で出会った時にはきっと迷うでしょうね。

「トゲトゲウミウシ の外観特徴」について

トゲトゲウミウシの外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は、透明感のある褐色
・背面の突起は密に散在しており、先端が尖っている
・突起の先端近くに紫色の輪が確認できる
・触角は体地色と同じで、先端は白くその下に紫色の輪がある

「トゲトゲウミウシ の生息環境」について

トゲトゲウミウシの生息環境は、コケムシの多い砂地や岩礁域表面に多いと思われます。

「トゲトゲウミウシ の生息分布」について

トゲトゲウミウシの生息分布については、太平洋熱帯域。

「トゲトゲウミウシ の和名・学名」について

トゲトゲウミウシ の和名および学名については、以下の通りです。
和名 : トゲトゲウミウシ
学名 : Janolus tricellariodes

トゲトゲウミウシに似たウミウシ比較

トゲトゲウミウシ・サーシャコヤナギウミウシ・ヤノルス・ザヴィンキンイ

改めて、トゲトゲウミウシ・ヤノルス・ザヴィンキンイ・サーシャコヤナギウミウシを並べてみます。

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)