ナガサキスズメダイ

ナガサキスズメダイ
今日も仕事のあとは筋トレ・有酸素運動・ジャグジー(ストレッチ)で汗を流す。
おかげさまで体にも少しずつ変化が出はじめており、ベルトの穴がまた一つ絞れるようになった。このトレーニングをすることによって、完全にハウジングが沈まない水深のタイドプールや川において匍匐前進の体勢で撮影器材を持ち上げながら2~3時間の撮影に耐えられるようになると嬉しいのだが。

写真はナガサキスズメダイの幼魚。
成魚はほとんど真っ黒になってしまい撮影意欲というものがあったとすれば、ほぼゼロになるぐらい地味なんですが、こういうのに限って幼魚は綺麗だったりする。
沖縄本島では水深2m~30m付近の岩礁域や砂地にある根などで普通に生息するスズメダイだが、幼魚はヤギ類やウミシダ類の近辺にも見受けられる。
ナガサキスズメダイは、南日本の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島、インド・西太平洋に分布。

和名 : ナガサキスズメダイ
学名 : Pomacentrus nagasakiensis
撮影日 : 2012年1月8日

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


Visits: 37
The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)