リュウグウベラギンポ

リュウグウベラギンポ
リュウグウベラギンポ
今日の海は今年一番だと思える透明度の良さでした。
わざと中層を泳いでみたら、ここは慶良間?と思えるほど。
いつもこうだと良いのにねぇ。

リュウグウベラギンポ
普段から砂底で見られる魚類です。
ただ砂底にいる時よりも群れになって海底近くをホバリングしている時のほうが遠くからでも目立っているので、今日はたくさん見るなぁという錯覚を感じます。

特に数十匹の雌の中に数匹の雄がディスプレイを行う姿は今日のような透明度の高い海ではかなり目につきましたね。
リュウグウベラギンポの雄は、3本の背鰭棘が糸状に伸長することが特徴。
琉球列島、インド・西太平洋に分布する。

和名 : リュウグウベラギンポ
学名 : Trichonotus elegans
撮影日 : 2011年11月6日

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)