ニシキキュウセン | 幼魚

【沖縄本島のダイビングで撮影したニシキキュウセンygの水中写真】

1970年の今日、愛知県名古屋市の郊外(名西)に、『日本ケンタッキー・フライド・チキン』の1号店がオープンしたそうな。
今となっては全国各地で普通に見かけるケンタッキーだが、46年前から存在していたとは意外だった。

ケンタッキーと関西は因縁めいたものがあり、1985年に阪神タイガースがリーグ優勝した際、ファンの一部がカーネル・サンダースの人形を道頓堀に投げ落とした事件があり、それ以降阪神タイガースの成績が長く低迷した。

関西では『カーネル・サンダースの呪い』と呼んでいた時代があったのだが、2009年に数百メートル下流のヘドロの中から引き上げられた時は、ちょっとした話題になった。

本当に長い間、錦を飾れなかったな。
という訳で、ニシキキュウセン。

     

ニシキキュウセンyg

ニシキキュウセン幼魚の水中写真。
沖縄本島の海ではダイビング中にわりとよく出会うベラの仲間で普通種。

赤基調になると、魚だけでなく花でも何でも美しく感じるのはなぜだろう。

ニシキキュウセンyg (7cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したニシキキュウセンygの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したニシキキュウセンygの水中写真

     

ニシキキュウセンygの外観特徴

幼魚のステージでは、尾鰭基底に大きな黒斑があることで区別。

     

ニシキキュウセンの分布

八丈島、小笠原諸島、静岡県伊豆半島(幼魚)、和歌山県串本、高知県柏島、屋久島、琉球列島~台湾、東沙群島、南沙群島、オーストラリア北西岸、西太平洋、ミクロネシア、サモアでの観察記録がある。

     

和名 : ニシキキュウセン
学名 : Halichoeres biocellatus
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です