Hippocampus severnsi

【沖縄本島のダイビングで撮影したHippocampus severnsiの水中写真】

内閣府が発表している”将来推計人口”によると、13年後(平成42年)の日本から11,181,000人が居なくなる。

分かりやすく言えば、青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県に人っ子一人住んでいないのと同じ状態。

これだけの人口減で、これまで同様の社会が成り立って行くのは難しいだろうな。

     

Hippocampus severnsi

写真は、『Hippocampus severnsi』(ヒポカンパス・セベルンスィ)。

Hippocampus pontohiとは、背中の模様も地色もまったく異なるので区別は可能だと思う。

こちらの個体も体長は15mm程度と大変小さく、背景に紛れるように生活しているのでよくよく探さないと見つからないのだが、一度見つかると狭い範囲を移動する程度なので、しばらくは観察を楽しめると思う。

     
沖縄本島のダイビングで撮影したHippocampus severnsiの水中写真(15mm TL)
沖縄本島のダイビングで撮影したHippocampus severnsiの水中写真(15mm TL)
     
沖縄本島のダイビングで撮影したHippocampus severnsiの水中写真(15mm TL)
沖縄本島のダイビングで撮影したHippocampus severnsiの水中写真(15mm TL)
     

和名 : –
学名 : Hippocampus severnsi
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -8m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)